大阪明星学園 小鳩会通信

「私たちのしていることは大海の一滴にすぎないと感じています。けれど、もしその一滴がなければ、海はその一滴分、確かに少ないということです。」

マザー・テレサ(コルカタの聖テレサ)


 

2022年6・7月号



↑クリックするとPDFでご覧いただけます。

2022年4・5月号


↑クリックするとPDFでご覧いただけます。

2022年3月号


↑クリックするとPDFでご覧いただけます。

2022年1・2月号

↑クリックするとPDFでご覧いただけます。

2021年11・12月号


↑クリックするとPDFでご覧いただけます。

2021年11・12月
特別号

↑クリックするとPDFでご覧いただけます。

2021年9・10月号

今回の献金先の紹介

  • ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト(ルワンダ障がい者支援)
     ルワンダ共和国に生まれ、幼い頃に治療ミスによって右足が麻痺し、障がい者施設で育ったガテラ・ルダシングワ・エマニュエルさん。神奈川県茅ヶ崎市に生まれ、ルワンダに旅し、ガテラさんと出会ったルダシングワ(吉田)真美さん。1994年に紛争が起きたルワンダでは100万人以上の人が殺され障がいを負いました。ガテラさんと真美さんの2人が中心となってルワンダに住む障がい者に対し、義肢装具等の製作と無償提供、義肢装具士育成、障害者スポーツの普及を行っています。
    ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト




  • カリタスジャパン(新型コロナウイルス関連)
     カリタスジャパンは、日本のカトリック教会として、国際カリタスその他の国際機関と密接な連携を保ちながら、救援金などの募金活動、国内外への援助活動、また国内で弱い立場に置かれた人々が人間らしい生き方を獲得するための啓発活動を行います。
     国際カリタスは1950年教皇ピオ十二世に認可された社会活動、救援活動団体で、国連経済社会理事会総合諮問資格を有する国際NGO組織です。https://www.caritas.jp/ より)

     今回の献金はこのカリタスジャパンが募っている「新型コロナウイルス感染症緊急募金」に届けます。詳細は以下の通りです。
    1. 住まいの確保:感染から身を守るための家や衛生環境の整わない路上生活者や難民の方々、自粛規制により住む家を失った方々(ネットカフェ住民など)
    2. カリタスジャパン
    3. 食糧衣料の確保:雇止めや解雇、倒産などによる生活困窮者への支援
    4. 居場所の確保:DVなどにより安心して過ごす居場所のない方々(子どもたち)
    5. 滞日外国人のケア:外国人労働者、技能実習生、難民申請者、入管被収容者など
    6. 優先される方々へのサポート:高齢者、障がいをもった方々など、生活上のサポートが必要な方々
    7. 情報の保証:言語、障がい、独居高齢者、外国人などの理由で情報にアクセスできない方々への情報の提供
    8. 医療支援:医療物資が届かない医療機関への支援、風評被害対策など
    9. 必要に応じて支援対象の範囲を変えることがございます。

◆今回の献金期間◆

 ~10月20日(水)

◆今回の献金先◆

  • ムリンディ/ジャパン  ワンラブ・プロジェクト (ルワンダ障がい者支援)
  • カリタスジャパン (新型コロナウイルス関連)

お知らせ

募集
 前回の小鳩会献金の献金先「チャイルドサポーター」に関するお知らせです。これまで小鳩会ではシンシアさん(ルワンダ)とウィルフレドさん(ボリビア)という2名のお子さんの支援をしてきました。そのうちのウィルフレドさんは支援対象の最高年齢となりましたので、別のお子さんをサポートすることになりました。

 

新しいサポートチャイルドのカノンさん含め、2名のサポートチャイルドをご紹介します
シンシア イラヅゥクンダ さん

シンシア イラヅゥクンダ さん
◆8歳、1年生です。
◆「私は大きくなったら、看護師になりたいです。病気にかかった人を支えます。夢を叶えるために頑張っています。」
◆好きなことは、絵を描くこと、植物の世話をすること、スポーツをすること、建物を建てることです。

…シンシアさんはルワンダ南部のサルヘシ地域に住んでいます。ここの住民は、自給自足農業と家畜の飼育をしながら生活しています。

カノン カハ さん

カノン カハ さん
◆8歳、2年生です。
◆「ぼくは絵の描き方を教えてもらいました。ぼくの好きな食べ物は焼いたニワトリの料理とキャベツです。」
◆好きな教科は算数です。

…カノンさんはバンミリア地域に住んでいます。ポルポト政権時代の内戦の影響を最後まで受けていた場所でもあり、地雷もまだ多く残っています。


クリスマスカード募集!!

 シンシアさんとカノンさんにクリスマスカードを送りませんか? 文字はもちろん日本語で書いてくれて構いません。機構のスタッフの方が翻訳して届けてくださいます。受け取った子どもたちが温かい気持ちになれる、心のこもったクリスマスカードを描いてみてください。

クリスマスカード
 このカードは先方のお気持ちもあることですので、提出されたカード全てを送ることはできないかもしれません。宗教部の先生で内容を確認して送りますので、了承のうえ提出して下さい。

 =形 式=
ポストカード(サイズ100mm×148mm)
縦横自由。カードは各自で用意して下さい。
※カードには必ず自分の「学年・クラス・番号・名前」を書いたふせんを貼り付けてください。
 =締切日=
10月20日(水)
 =提出先=
宗教科教員まで


小鳩会委員記章デザイン決定!!

 約50のデザイン案の中から、小鳩会委員の投票によって記章(バッジ)デザインが選ばれました。最も多くの票を獲得したデザインは、高校Ⅰ年生小林征太郎さんのデザインです!(図1)
 こちらをもとに、バッジのサイズ等考慮しながら発注業者さんとデザインを詰め、(図2)のデザインで確定しました。まもなく実物が届き、小鳩会委員に配られることになります。全校生徒の皆さんもぜひ見せてもらってください。今後、毎年小鳩会委員になった人にはこちらを配り、身に付けてもらいます。コロナ禍が明け、様々なボランティア等が行える状況になれば小鳩会委員として積極的に活動していただけることを願っています。
 デザインが選ばれた小林征太郎さんから一言頂きましたので紹介します。

■デザインのポイントを教えてください。
実際に記章にするときをイメージして、誰が見ても違和感なく受け入れられるようにパソコンを使って制作しました。

■デザインが選ばれた感想を聞かせてください。
他の人が作った記章はオシャレだったり、独特だったり、絵がとても上手だったり、自分が作ったものより優れているものがたくさんありました。そんな中、僕の記章が選ばれたことは非常に驚きました。来年は小鳩会委員に入らないといけないかもな、と思います。(笑)

図1

図2

 

▲TOP