高2 E組 松田阿南くん、ビブリオバトル全国大会 優秀賞受賞! 2016.1.10

1/10(日)、東京で開催された「全国高等学校ビブリオバトル2015」決勝大会に高校2年生の松田阿南くんと薮内隆志くんが出場しました。松田阿南くんは決勝まで進み優秀賞を受賞しました。彼らの活躍は読売新聞にも紹介されました。

第1回大阪府中高生ビブリオバトル大会高校生部門優勝 高校2年E組の松田阿南くん

(以下、読売新聞大阪版より)

読売新聞大阪版 明星高・松田さん優秀賞

 東京都千代田区のよみうり大手町ホールで10日に開かれた書評合戦「全国高等学校ビブリオバトル2015」(活字文化推進会議主催、読売新聞社主管)の決勝大会に、府代表として明星高校2年の松田阿南さんが出場した。決勝に進出し、優秀賞に輝いた。
 紹介した「奇跡の紅茶専門店」(荒川祐二著、マガジンハウス)は、悩みを持つ人が店のオーナーと出会い、解決していく短編集。 松田さんは「今ここにいる幸せを感じられる本です」と熱弁をふるった。
 このほか、府内から関西ブロック代表として同高校2年の薮内隆志さんが出場し、「生者と死者」(泡坂妻夫著、新潮社)の魅力を語ったが、決勝進出を逃した。
大会には地区予選を勝ち抜いた36人が出場し、うち6人が決勝に進んだ。

▲TOP