若王寺こども食堂の皆さんよりお礼のカードが届きました

春休みのボランティアは、新型コロナウィルスの影響により、残念ながら中止となりましたが、昨年のボランティアへのお礼のカードが届きました。

大阪明星学園では、これからも、こども食堂を訪れてのボランティアを続けていきます。
これまでのマジック、合唱やロボットの披露も楽しんでいただけました。これからも部活などで磨かれた在校生の特技をボランティアに活かしていきます。このコロナ休校期間に、新しいボランティアのアイディアを考えてみるのも前向きなことです。また、訪問ボランティアだけでなく、在校生全員の小鳩会献金も食材として活かされています。

若王寺こども食堂の皆さんよりお礼のカード

若王寺こども食堂
キッズランチ

大阪明星学園のみなさまへ

お  礼

連日のように報道されております新型コロナウイルスについて皆様 不安を募らせる毎日をお過ごしのことと存じます。

学校現場でも、この先の見通しが立たない中で、休校が延長になり生徒さんへの対応、準備に追われ、先生方の気苦労も絶えないこととお察しします。

昨年度もマジック同好会、有志の生徒さんにも関心を持っていただき、7月、8月、12月にボランティアに参加していただきありがとうございました。そして、たくさんのご寄付を頂き感謝申し上げます。

わたしどもの子ども食堂も、参加人数が100名以上ということで、2月より自主的に開催を見合わせておりましたが、「お弁当の配布」とか、3密を避けてできることはないか考えているところです。

尼崎市では、このStay Homeで、ネグレクトなどの問題を抱える子どもたちを対象にクーポンを配布したり、行政も地域の子ども食堂を活用するなども考えておられるようです。

この先、休校が解除されたとしても、3密を避けての自粛、自制生活で、まだまだ学校現場も大変な状況が続くと思われますが、子ども食堂の再開の際には、子どもたちの楽しみにもなっておりますので、これまて同様、ご参加いただけますようよろしくお願い致します。

一日も早い収束を願い、どなた様も、時節柄どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。

若王寺子ども食堂の会
スタッフ同ー

 

▲TOP