クエストカップ2020全国大会出場

 中学3年生では、希望者を対象に教育と探求社のクエストエデュケーションに取り組んで参りました。

 この度、クエストエデュケーションに取り組む全国約4万人の中高生の中から厳しい選考を見事突破し、本校のチームMEMORYSが『全国優秀賞』に輝き、2月23日(日)に東京の立教大学で開催されるクエストカップ2020全国大会への出場が決定しました。

 なお、全国大会出場は明星中学校にとって3年連続全国大会出場の快挙となります。
 また、昨年度明星はグランプリ賞を受賞、全国制覇を達成しておりますので、今年は2年連続の全国制覇を目指し、日々子ども達は励んでおります。

 さて、チームMEMORYSが取り組んだコーポレートアクセスコースは、実在する9つの企業からミッションが出され、自らその解決策を考えるというもので、チームMEMORYSは富士通からの以下のミッションに対し、脳の記憶をMEMORYSという機械を通して記録する「脳との共存」という企画案を考えました。

ミッション:
世界中の人々の「豊かで夢のある未来の実現」のために、未来予測を超えるワクワクの新サービ スを提案して下さい!!

全国大会出場のチームMEMORYSのメンバー
倉田 秀明(A組)・嶋倉 悠人(A組)・前田 航太(E組、リーダー)・溝口 温人(E組)・岡嶋 真平(F組) 辻 全人(C組)

なお、全国大会の様子は2月23日(日)に、開会式は9時から、明星中学校のプレゼンは11時20分(予定)から以下のホームページアドレス(クエストカップ2020)で全国生中継されます。ぜひご覧ください。
https://questcup.jp/2020/

応援よろしくお願い致します。

 さらに、チームMEMORYS以外に大正製薬部門に取り組んだチーム健康大将、新商品の開発を行うスモールスタートコースに取り組んだチームめんどくさがり屋の2チームも『佳作賞』を受賞しました。

<佳作賞受賞>

チーム健康大将メンバー:
遠藤 知優(A組)、兼田 侑弥(C組)、和三 時禎(E組)

チームめんどくさがり屋メンバー:
木下 温(B組)、村上 竜也(E組)、中山 大地(F組)

▲TOP