2019年8月18日(日)~24日(土) 
カンボジア研修 高校2年生・30名

本年度初めて実施しましたカンボジア研修も、無事終了することができました。
出発前、参加者はSDGs(Sustainable Development Goals)の観点から個別の課題を設定し、実際に現地に行って、見なければ、聞かなければわからないことや、プログラムと巡検調査活動を通して学んだことをもとにして、帰国後レポートにまとめます。文化、近現代史、教育、環境、衛生、医療、貧困、経済格差などについて、様々な体験を通して多くのことを学ぶことができ、今後の成長の大きな糧となりました。

8月 (行程)
18日
(日)
関西国際空港 → ホーチミン経由 → シェムリアップ(着)
19日
(月)
午前 バイヨン中学校訪問 
学校設立者からのレクチャー
・カンボジアの農村部の教育状況
・JST(アンコール人材支援機構)の活動について
・バイヨン中学校の活動について
生徒間交流(ミーティングと発表)
午後 農村訪問
・農村にあるフリースクールで村の子どもたちと遊びを通した
 交流(サッカー、長縄とび、けん玉、シャボン玉)
20日
(火)
農村部の女性たちへの職業訓練学校“SALA-SUSU”
プログラムスタディーツアー
午前 農村現地マーケットでの買い物
体験工房で働く女性のお宅訪問
午後 工房見学と作業体験
女性の職業訓練について考えるワークショップ
21日
(水)
アンコール遺跡見学と体験学習
午前 JASA(日本国政府アンコール遺跡救済チーム)施設にて
史跡に関するレクチャー
アンコール・トム遺跡にて、遺跡修復活動体験
午後 アンコール小児病院訪問      
アンコール・ワット遺跡見学
22日
(木)
午前 上智大学プログラム(ワットチョーク中学校訪問)
・大学生による教育活動(日本文化紹介授業)のサポート体験
 祭りをテーマにした授業(書道・お面造り・盆踊りなど)
午後 シュムリアップ市内班別自主研修
23日
(金)
午前 IKTT(クメール伝統織物研究所)「伝統の森」訪問
プロジェクトについてのレクチャー
工房見学
シルクハンカチの染色体験
午後 トンレサップ湖見学

シュムリアップ →ハノイ経由 →
24日
(土)
 → 関西国際空港(着)

 

バイヨン中学校生徒交流
バイヨン中学校生徒交流
農村現地マーケット買い物体験
農村現地マーケット買い物体験
アンコール・トム遺跡修復活動体験
アンコール・トム遺跡修復活動体験
アンコール・ワット遺跡見学
アンコール・ワット遺跡見学
上智大学プログラム
上智大学プログラム
染色体験
染色体験
▲TOP