2019年8月6日(火)・7日(水)
中学3年生 東日本大震災に関するフィールドワーク

8月6日、明星中学3年生の20名は、気温30度を超える真夏の仙台空港に降り立ちました。東日本大震災に関するフィールドワークと題して、震災から8年が過ぎた今年、復興とは何かということを考察するために、宮城・岩手の各地を巡ります。

フィールドワークに先立ち、2回の事前学習を経た生徒諸君は、それぞれの視点を持って、現地に向かいます。

初日の訪問地は、宮城県の名取市閖上(ゆりあげ)地区、南三陸町、気仙沼市です。各地区では盛り土や復興住宅、記念公園設置の土木作業が行われており、新しい町の再生がある程度進んでいる状況が見て取れました。初めて現地を訪れた生徒諸君は、今回見た町の姿が記憶のスタートではあるのですが、今後、また現地を訪れるたびに、その変化にさまざまな考えや思いを持つことでしょう。

また、かつての町の姿を「学習」という形で知り、過去・現在・未来の町の姿の比較を通して、復興とは何かというテーマに迫ることができるのではないかと思います。

(初日の写真)
中学3年生 東日本大震災に関するフィールドワーク初日

●閖上地区日和山(ひよりやま)神社からの様子。かつてたくさんの家々があった場所に、現在は水産加工場が建ち並びます。右の写真は日和山のすぐ南側にある東日本大震災慰霊碑。碑の高さは閖上地区での津波の高さ 8.4mを示しています。

地区の犠牲者964名のお名前が刻まれた芳名板には、「閖上◯丁目」の表示のあと、同じ名字がいくつも並んでおり、中には親子、兄弟姉妹が何組もおられるのだと思うと胸が詰まります。

訪れたのが広島原爆の日であるだけに一層、その日を境に多くの家族の尊い命が、一人一人の日常が、一瞬にして奪われ、様変わりした事実に、いま一度、目を向ける必要を痛感します。

南三陸町旧防災庁舎
●南三陸町旧防災庁舎
(川の堤防越しに最上階のみが見えます)
南三陸町荒島
●南三陸町荒島
(ここでは鳥居の再建に尽力された方からお話を伺いました)

旧気仙沼向洋高校
●旧気仙沼向洋高校(東日本大震災遺構・伝承館として今年から見学可能になりました)

翌8月7日、気仙沼で宿泊した明星中学3年生20名は、バスで岩手県陸前高田市に向かいます。多くの尊い命が失われ、壊滅的な被害を受けたこの町がこれからどのような姿に変わってゆくのか、どのようにすれば日々の営みが戻るのか、それを考えるにはまず、自分の目で確かめることが大切です。

バスを降りて歩くこと15分、目指すは「奇跡の一本松」。すでに樹脂がしみこまされ、木としては命を失ってはいますが、彼らの目の前にそびえ立つ姿は、ここで暮らす人々にとって、大切な希望の象徴でもあると感じました。

陸前高田を後にした一行は、気仙沼に戻り、リアスアーク美術館を見学しました。ここでは東日本大震災に関連するたくさんの写真や資料が展示されているのですが、生徒たちが足を止めたのは、写真や展示物に添えられた説明の文言でした。それを一つ一つ読むたびに、私たちがこの震災の記憶とどう向き合えばよいのか、考えが深まってゆく気がしました。

今回のフィールドワーク最後の訪問地は、宮城県庁です。宮城県知事の村井嘉浩さんは明星のOBで、県庁訪問のお願いも、快く引き受けてくださいました。普段は賑やかな中学3年生も、さすがにこのときばかりはみんな緊張気味でした。公務お忙しい中、時間をとっていただいた村井先輩、本当にありがとうございました。

無事帰阪した生徒諸君は、今回のフィールドワークで得たものを発信する準備に取りかかります。8月に2回、そして9月の学園祭での発表が控えていますが、今回の一連の活動は、災害とどう向き合うか、被災した町をどう復興させるか、そして何より人々の命と暮らしをどう守るかという大きなテーマを考えるきっかけとなることでしょう。今後もさまざまな活動を通して、生徒たちと一緒に考えてみたいと思います。

(2日目の写真)
旧気仙沼向洋高校
●陸前高田市奇跡の一本松。右奥には、新たに建設された巨大な水門が完成間近です。
気仙沼リアスアーク美術館
●気仙沼リアスアーク美術館。たくさんの展示物が並びます。一つ一つに、かつてそれの持ち主と、それを展示することを心に決めた学芸員さんの思いが込められています。
県庁内貴賓室
●県庁内貴賓室。先の天皇陛下が被災地へのお見舞いに訪問された際、この部屋が使われたそうです。左奥にいらっしゃるのが村井知事です。
バスの運転手さんと一緒に松島で記念撮影
●バスの運転手さんと一緒に松島で記念撮影。天気に恵まれた2日間でした。お世話になりました、ありがどうございます。
ピーチ138便から関西空港に降り立つ生徒諸君
●ピーチ138便から関西空港に降り立つ生徒諸君。2日間の日程ですが、たくさんのことを学ぶことができました。
▲TOP