『震災がもたらした今』を考える集い 2017 
ライブ&シネマ イベント -明日へ- 2017.3.11

東日本大震災の発生から6年を迎えた3月11日(土)、生徒会主催による「『震災がもたらした今』を考える集い」が開催されました。飛田晋秀さんの写真展も同時開催し、震災がもたらした今をあらためて見つめ直す一日になりました。

【プログラム】

明星高校音楽部による復興応援ミニコンサート
脚本家 関桂子さん(映画『マーチング』脚本)講演会
映画「マーチング」上映

【同時開催】

「3・11をわすれない ~飛田晋秀 写真展~」

【イベント開催趣旨 生徒会長より】

 東日本大震災の発生から6年を迎えますが、我々の住む関西では震災の記憶が薄れていく毎日を過ごしています。3月11日当日、「6年前のあの日には忘れてはいけない事実があり、被災地には今も変わらない現実があることを心にとめ、明日に向かって歩む被災された方々に私たちにできることを考える時間を持ちたいと」と思い、多くの人たちと「思い」を共有できるこのイベントを企画しました。

 被災された方々の思いを知り、震災の記憶を辿ることで、「震災がもたらした今」を、あらためて見つめ直すことができればと考えています。

 

【音楽部 復興支援ミニコンサート】

音楽部 復興支援ミニコンサート1
音楽部 復興支援ミニコンサート2

【脚本家 関桂子さん講演】

脚本家 関桂子さん講演1
脚本家 関桂子さん講演2

【飛田晋秀 写真展】

飛田普秀 写真展1
飛田普秀 写真展2
飛田普秀 写真展3
飛田普秀 写真展4
▲TOP